MENU TEL

カテゴリ一覧

交通事故にて後方より追突され来院されました。

2017.05.24 | Category: 未分類

本日、交通事故にて後方より追突された方が来院されました。首と左肩、腰の痛みを訴えておられます。頭痛、倦怠感、左手のしびれがあり、レントゲン検査では異常なしとのことでした。以前、当院で交通事故むちうち治療をされていた患者様からご紹介で当院へ来院されました。
どの場所も、痛みのあまり動かすの辛いらしく、夜もあまり寝付けないそうです。まだ交通事故にあわれて間もないため、炎症症状による発熱も診られます。動作検査を行う際にも痛みで患部をあまり動かせないので、動かせる範囲で動作検査を実施し、バランスの変化を読み取りました。治療を重ねていけば痛みも落ち着いてきて、より動作検査での結果が分かりやすくなると思います。今回は患部を動かすと痛みがとても強くなるため患部を安静に保ち身体をしっかり安定させられるように動作痛を取り除く治療を行いました。治療後はまだまだ痛みはあるものの治療前とは比べものにならないくらい良くなり、痛みが和らいだそうです。今後の治療方針を説明させていただき、当分の間は患部を安静に保ち炎症を落ち着かせる治療を行っていきます。このように当院では患者様のその時その時の状態に合わせた交通事故むちうち治療を行っています。患部だけをほぐしその場が気持ちいいだけの慰安的な治療は一切行っておりません。あくまで根治治療を前提に治療を行っております。病院、整形外科、他の接骨院(整骨院)で受診されていて痛みが変わらない、改善しない方は、高崎市むちうち交通事故治療専門院であります整骨院ハナミズキまでご相談ください。

交通事故でむちうちの患者様が来院されました。

2017.05.23 | Category: 未分類

本日、後方より追突され交通事故にあわれた患者様が来院されました。
事故後一週間くらいたった頃から首と腰が痛みはじめたようです。交通事故後、整形外科に通院をされていてレントゲン検査、痛み止めの薬と湿布を処方されました。動作検査にて確認したところ、前後に倒す、右側に倒す右に振り向く動作が痛みでできません。まだまだ動きが悪く痛みも強いので、首と腰の動きをしにくくして、安定させる治療を行いました。動きにくくするといっても身体を動かなくするのではなく、ゆっくりとしっかり動かせるようにするイメージです。患者様ご本人には動かしにくい感じはなく、動かす際、痛みが和らぎジワっと動かせるようになります。現段階では患部を動かしやすくすることは厳禁です。余計に痛みが増していきます。少しの間、動きを制限させる治療を続けていき、患部の痛みが落ち着いてきたら動きやすくする治療に変更していきます。そうすることで身体の負担を減らし痛みを取り除きながら治療を積み重ねて根治治療を目指します。

春先の交通事故について

2017.05.22 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。
春になり、通勤のため車を運転していると新入社員、新入生が増えたためなのか春前に比べて車の量が増え渋滞の頻度が増えています。他車をよく見てみると初心者マークをつけた車をよく見かけるようになりました。もちろん免許を取って間も無く不慣れなわけですから危ない運転も目立ちます。ただでさえみなさんそれぞれが通勤時間帯で急ぎ、慌ただしく運転している状態ですから危険度はさらに増してしまいます。ここ一ヶ月で通勤時に危ない状況を何度も見ました。初心者マークの方だけではありませんが、運転中のいろいろな状況に対して、車線変更して来ないだろう、交差点で信号が変わる際に直進して突っ込んでこないだろうといった “だろう運転”も来ないだろではなく、来るだろうと思って運転するくらいがちょうどいいのかもしれません。真横を走ってても運転が不慣れな方の場合、ドアミラーの死角に入ってしまったことに気づかずに車線変更をされる方も多いです。その場合、きちんとこちらの車の存在をわかってもらえるような運転が求められます。同じ間隔で並走するのではなく、少しスピードを緩めたりしてドアミラーの視界に入るようにすることも大切な運転です。交通事故に遭ってしまうと被害者、加害者の両方がイヤな思いをしてしまいます。そうならない為にも運転中は周りの状況にいつも目を配り心のゆとりを持ち安全運転を心がけましょう。

かんたんネット予約をはじめました。

2017.05.22 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。
このたび、当院のホームページにてインターネットウェブ予約をはじめました。簡単な登録をしていただくだけでお気軽にご予約いただけます。健康保険治療、交通事故治療、労災保険治療、自由診療治療の患者様すべてに対応しております。
もちろん24時間受付しておりますのでとても便利です。お時間に制限があり、日々お忙しい方にもおやすみ前に明日の予約をしていただけます。是非、ご利用ください。もちろん当日のご予約も来院1時間前まで受付させていただいております。当院ではいつでも安心してお気軽にご利用していただけ、少しでも治療に専念していただけるような環境づくりを心がけております。とくにお仕事をされている患者様で交通事故むちうち治療でなかなか通院ができない方は日々の生活を送っているだけで1ヶ月、2ヶ月と経ってしまい満足に通院できないまま治療を終了され、後遺症を残してしまったケースがよくあります。交通事故むちうちの後遺症で当院へ治療に訪れる患者様のほとんどが、交通事故に遭われた時に仕事が忙しくて満足に通院ができずに治療をやめてしまい痛みが残ってしまった。と言われる方が多くいらっしゃいます。そうならないためにも交通事故に遭われた直後からしっかりとした治療を重ねていかなければなりません。交通事故むちうち治療は時間との戦いでもあります。交通事故の痛みがとりきれない、現在、病院、整形外科、他の接骨院(整骨院)で交通事故むちうち治療を受けているがなかなか痛みが改善しない方は高崎市むちうち交通事故治療専門院であります整骨院ハナミズキまでご相談ください。

今日からゴールデンウイーク

2017.04.29 | Category: 未分類

今日からゴールデンウイークが始まります。家族や友人高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。
と遠出して楽しくすごす方も多いのではないでしょうか。
大型連休と言えば帰省ラッシュ。車が集中して多い上に普段、車に全く乗らない不慣れ方もたくさん運転されます。高速道路での運転は普段の休日以上に気をつけなければなりません。この先渋滞中!!と電光掲示板に表示されていて流れスムーズなときは注意が必要です。カーブを抜けたら、トンネルに入ったら途端に渋滞しているケースはよくあります。ヒャッとした経験がある方も多いのではないでしょうか?電光掲示板の表示はほぼ間違いがないので、渋滞場所をきちんと確認し近づいているときには無茶をせず車間距離をしっかりとり、車線変更は控え、目の前の車だけを見るのではなく視野を大きく持ち何台も前の車の状況がわかるようにしましょう。夕方に西方へ向かう方は直射日光を受けながらの走行でテールランプが見にくくなり、トンネルから出た直後に目がくらみ一瞬、真っ白になり何も見えなくなるので注意が必要です。
そのような状況が重なりあったときに追突事故につながってしまいます。ひとたび交通事故にあってしまえば楽しい旅行も台無しになり、みんなが不幸な気持ちになってしまいます。自分、他人の運転を大丈夫だろうと過信せず危険の予測をいつも考え、ハンドルを握っていただければと思います。

春先の痛みの変化

2017.04.26 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。
桜の時期も終わりいよいよ本格的に暖かい春が始まりました。この時期は一年の中でもとても気持ちの良い季節でもあります。花や木々が芽吹いて目にも気持ちのよい季節です。
しかし芽吹くこの季節は体調が優れない方にとっては負担になり痛みが増してしまう季節でもあります。
それには様々な要因が考えられ、まず一つ目に寒暖差が激しいことがあります。夜と昼の寒暖差が激しくなるので、冬の身体、夏の身体の切り替えが上手くいかず体調不良になってしまいます。
真冬の朝、昼、晩ずっと寒い状態の方がかえって身体の状態が安定しているくらいです。
春になり昼の暖かい刺激を身体が受けると気持ちのよくとても快適で落ち着いた気分になります。
しかし日が沈み夜になると一気に気温が下がり一転して芯から冷える寒さが襲ってきます。お風呂上がりの湯冷めの状態が一日かけて起きていると考えるとわかりやすいかもしれません。
痛みがなく元気な方でも体調不良になりやすいのですから、もともと痛みがあり体調が優れない方はなおされダメージを受けてしまうのです。夜間の寒冷刺激によりより一層、痛みが増長されてしまうのです。
その次に気候変動が激しいことが考えられます。春は一雨ごとに暖かくなっていきますが、その一雨一雨のたびに体調を崩してしまいます。雨が降る時は晴れている時よりも気圧が下がってしまいます。その気圧変化が体調不良を引き起こします。昔、交通事故でむちうちに遭われた方が雨が降る前に首肩が重くなることがよくあります。俗にいう古傷が痛む、、というものです。
気圧が低下すると人の身体は身体の中心に対して全て外側に引っ張られます。分かりにくいのですが、身体が外側の全ての場所から吸われているイメージです。水は高いところから低いところに流れます。それと同様に空気も高いとこから低いところに流れる性質があるので気圧が高いところから気圧の低いところに行こうとします。外の気圧が下がると身体の外側だけでなく内臓含む全てのものが外側に引っ張られます。血管も同様に外側に引っ張られるため気圧が正常な時に比べて血管の中が広がってしまいます。血管が広がると血管の大きさに対して流れる酸素の供給量が不足してしまい。体調不良を引き起こします。ポテトチップスの袋を山に持って行くのと同じ状態です。袋はパンパンになりますが中のポテトの量は変わっていないので振ると中のポテトがよく動きます。その状態が血管内で起こっています。身体が酸素不足になるため身体のダルさや痛みに繋がります。
この体調の変化は交通事故でむちうちになられた方に顕著に症状が現れます。痛みだけでなる倦怠感、ダルさ、鈍痛の症状も強くなります。
高崎市むちうち交通事故治療専門院である整骨院ハナミズキでは日々変わる痛みに対して、その時その時の身体の状態に合わせた交通事故治療を心掛けております。
動作検査を毎回行い、その日の状態をしっかり把握して治療していきますので的確な交通事故治療が提供ですます。
交通事故むちうち治療でお困りの方は高崎市むちうち交通事故治療専門院であります整骨院ハナミズキまでご相談ください。

後方より追突され来院されました

2017.04.20 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。

昨日、むち打ち症にあわれた患者様が来院されました。
症状として首の痛み、腰の痛みを訴えられています。
車の損傷はそれほどでもない様子です。

整形外科を受診されたのち来院され、検査結果は骨等に異常所見はみられませんでした。

患者様のお話によれば交通事故直後は痛み全くなかったそうです。2~3日後くらいから首と腰に違和感、だるさ、
が出てきたそうです。
現在では、首も腰も動かすと痛みが伴う状態です。患部も炎症による発熱がみられます。

早速、治療を開始しましたが、炎症、運動痛を伴っているため 患部への治療は最低限にし、まずはしっかり痛みに対し
支えられる身体になるよう治療していきます。
ここでむやみに患部を触り首、腰の動きをよくする治療をしてしまうと、もともと動きを支える筋肉が交通事故の衝撃により負荷がかかり痛めているためその場はよくても安静が保てず、後日さらに痛みが増してしまいます。

整骨院ハナミズキでの交通事故むちうち治療では、その時その時の痛み、辛さに対して動作検査を毎回行い、検査結果に基づいて
安静を保たせた方がよいのか?動きやすくしたほうがいいのか?を決定し交通事故の治療をしていきます。

その時が気持ち良い患部のみの治療は当院では行っておりません。

患者様お一人、お一人に日々変化する痛みに対し、最適な交通事故治療を心がけております。
整形外科や通院中の治療院で改善しない場合は、転院も可能ですので高崎市むちうち交通事故治療専門院であります
整骨院ハナミズキへお気軽にご相談ください。

交通事故による筋肉損傷(軟部損傷)

2017.03.14 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故専門治療院 整骨院ハナミズキの院長山室です。

今回は、交通事故に限らず、多くの場面で筋肉を傷めてしまう事があります。そんな時の為の基本的な筋肉についての知識や処置方法をお伝えできればなと思い書いていきたいと思います。

軟部組織とは、筋肉、腱、神経、関節包、靭帯を含めた全体的な意味合いを持っています。交通事故でのむち打ち損傷や、スポーツや日常での捻挫や打撲、挫傷といった傷害は、すべて軟部損傷です。

怪我をしたばかりの患部には、急性炎症症状(5大徴候)が現れてきます。
1、腫脹 毛細血管の透過性が増し、血管から血漿蛋白 成分が出てぷっくりと腫れてきます。

2、 疼痛 痛みが増強してくる

3、発赤 急所の血管が拡張して、多量の血液があつま り、赤く熱くなってきます。

4、熱感

5、機能障害 痛みのため動かせなくなります。

この初期症状を、応急処置することで後々の怪我の回復期間が早くなります。その処置が下記の処置です。

1、安静 疼痛緩和、内出血等の吸収促進
2、冷却 血管収縮により血流量の減少
局所の麻痺効果及び、除痛
3、圧迫 血腫の増大防止、出血の吸収促進
4、高挙 炎症部位の血液、リンパの還流
5、固定、補助 損傷組織の治癒促進、損傷範囲拡大防止

簡単に言えば、氷水で冷やし、包帯や添え木で圧迫固定して高い位置に置いて動かさずにいることです。この一手間で、痛みや腫れが酷くなることを防ぐ事ができます。ただし、これはあくまで応急処置なので、骨折や脱臼などをしていないかの確認やしっかりとした処置をするために病院や整骨院へ行きましょう。

EFAS イーファス治療の進化

2017.03.06 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門院の山室です。

先日、京都でEFAS (イーファス)の開発者のCIM代表、松村先生が整骨院ハナミズキまで指導に来てくださいました。
今までのEFAS でのすぐれた骨格治療、骨盤治療をさらに効果を発揮させる三角ブロックによる矯正を指導していただきました。
次々と日に日に進化していくEFAS 、一生懸命、必死についていっています。
群馬県では初の導入技術であり、AI(人工知能)がわれわれの治療の世界にも入ってきたのだなぁ と実感させららます。
治療の世界は、アナログ世界というか、いろいろな手技の方法があれど最終的に治療家の経験やカンといったものが治療を進めて行く上で重要だと思っていました。
経験によるカンで治療方針を変えて改善することがよくあります。
EFAS では検査の情報を細かく入力し、AIにより分析し、その結果に基づいて治療する筋肉、骨格、骨盤を選定していきます。
残念ながらAIによる計算により45600通りある治療方法からの分析力は経験やカンを超えるものがあります。
実際に治療家としては残念というか、悔しいことなのですが、患者様が少しでも良くなれば、と思えば素直に受け入れられます。
AIの指示のそのまま施術して、結果を確認すると素晴らしいほど姿勢の違いが出て、患者様の状態もかなりの改善に向かいます。
では、治すためにそのままのAIの言われるがまま黙って治療をやっていけばいいのでしょうか?それはもちろん間違っていると思います。治療というのはやはり人と人との繋がり、信頼があってからこそ効果を何倍も引き出すことができると考えます。
人ができること、AIができることを上手く使い分けてこそ相乗効果でより良い治療に繋がるのではないのでしょうか。どちらが欠けても成り立たないと考えます。
どのように上手くやっていくのかはもっともっと勉強しなければならないのですが、必ずより良い治療に結びつくと思います。
高崎市むちうち交通事故治療専門院である整骨院ハナミズキでは症状にあった的確な交通事故治療はもとより、交通事故のショックによる自律神経の乱れ、心の不安も交通事故治療の一部と考え、全ての面においてアプローチしてより良い交通事故治療を心掛けております。
他院で交通事故治療中で痛みが改善しない、治らない、でお困りの方は高崎市むちうち交通事故治療専門院であります整骨院ハナミズキにご相談ください。

高崎市のむちうち治療について

2017.03.02 | Category: 未分類

高崎市むちうち交通事故治療専門治療院の山室です。
今回は、高崎市のむちうち治療についてお話させていただきます。

交通事故の症状で必ずといって発症するのが、むちうち症です。むちうちと一言でいっても多種多様な症状が起こります。
肩の倦怠感から始まり、手のしびれ、頭痛、めまいなどを引き起こします。

交通事故治療において初期からの治療がとても重要になってくるのです。
交通事故むちうち治療といってもたくさんの治療法が存在しています。
その中から最適な治療を探し出すのはとても難しいものです。
電気治療、手技治療、温熱治療などいろいろあります。

高崎市むちうち交通事故専門治療院である整骨院ハナミズキでは、どの療法においても過去の治療経験をもとに
最適な交通事故治療を提供させていただいております。

とくに力を入れているのが手技療法、温熱療法で、手技療法はその日その日の動作テストの結果により治療部位を変えていき、日々変化する患者様のお身体の状態を把握し、施術を行っていきます。
温熱療法では最適に患部を温め、治癒能力を向上させるだけでなく、交通事故のショックで乱れた自律神経を落ち着かせる
働きのある温熱療法を行っています。
身体の治療だけでなく、心を落ち着かせる治療も同時に行っているので、むちうちの治癒能力が一層高まります。
心を落ち着かせることで痛みの大きさは小さくなっていくのです。

すでに他院にて、むちうち治療中で痛みの改善が見られない方は、高崎市むちうち交通事故専門治療院である
整骨院ハナミズキへご相談下さい。

アクセス

所在地〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町72-1
駐車場整骨院前4台駐車場あり
電話番号027-386-8873
予約予約優先制
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日月曜日・日曜日午後・月一回日曜日