MENU TEL

交通事故むちうち 最終治療

交通事故むちうち治療の最終段階の治療は交通事故むちうち治療の中期において患部の動きを良くする治療を重ねていき、動きやすさが増し身体が治療をを増すごとに楽になっていきます。しかしただ動きをよくする治療をずっと続けていけばいいかというと身体の構造は複雑で、そういうわけにはいけません。治療を重ね動きやすくしていくと、あるところで動きやすくなる上での使いすぎによる疲れやすさが出てきます。その時は一時的に安静にさせるために動きにくくする治療を行います。そうすることにより動かしやすい身体にするだけでなく疲れにくい身体をつくりあげていきます。
そして、最終的に患部の違和感、動かしにくいさが残っている場合は患部を中心に初めて治療してゆきます。ここまでこないと患部への刺激は効果を出しません。治療を長引かせないためにも、患部への直接的な治療は最低限でなければなりません。確かに患部への治療は患者様も満足でき気持ちいいものです。しかし効果としては損傷した筋繊維に揉んで刺激を与えるわけですから良くなるのが長引くのは当然です。例えば足首をひねって捻挫した場所を揉むようなものです。後で痛みが増しますよね?痛め方が違うにせよ筋肉を傷めることには変わりありませんのでそのような場所に直接的に刺激を入れ過ぎるのは良いことではないのです。しっかりと痛みを残さないために適切な交通事故むちうち治療が大切です。身体の動きの検査もせずにいきなり患部への治療にとりかかるようなところは要注意だといえるでしょう。高崎市むちうち交通事故治療専門院である整骨院ハナミズキでは毎回きちんと動作検査を行いその結果により治療箇所を決定していますので、より的確な交通事故むちうち治療がおこなえます。ご不明な点はお気軽に当院までご相談ください。

アクセス

所在地〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町72-1
駐車場整骨院前4台駐車場あり
電話番号027-386-8873
予約予約優先制
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日月曜日・日曜日午後・月一回日曜日